top of page
IMG_3626 2.heic

​会社概要

About: Headliner

「珈琲焙煎作業所SRM」は青少年育成活動法人を運営する瀬戸彬仁と 障がい者スポーツに携わってきた奥田亘が、これまで感じてきた「地域における福祉へのイメージを変えたい」という想いから立ち上げたもの。

welfare(福祉)× coffee(珈琲)
welfare(福祉)× sport(運動)  

の2つを柱とし、

障がい者の方への就労支援と、

健常者と障がい者の境界をなくすことを目的としています。

私たちの使命

OUR MISSION

MISSION

〜日々果たすべき使命

「関わる人達を笑顔にし、地域社会に貢献する!」

 

VISION

〜実現したい未来〜

「関わるすべての人にワクワクする未来へチャレンジできる環境を作る!」

 

VALUE

〜約束する価値〜

「良い生活習慣による健康な身体作りと挑戦!」

珈琲焙煎作業所SRMが目指すのは、珈琲を通じたウェルフェアトレード(※1)の自然な流れをつくりだすことです。その先にあるものは、障がい者事業所の変革だけではなく、「焙煎によるコーヒー豆のブランディング」、「良い生活習慣による健康な身体作り」を掛け合わせること。

(※1)ウェルフェアトレード

“Welfare=社会貢献”と“Fair trade=公正な取引”を掛け合わせた造語で、社会的弱者と言われている人たちの作る製品などを適正価格で購入することによる社会的支援活動のこと。(「BISTARAI BISTARAI」HPより) これらの事例から、社会に向かって意識を開き、発信したいコンセプトを持ち、利用者のさまざまな魅力を引出して表現していく姿です。「珈琲焙煎」を通じてこれまでのイメージではなく、いまの福祉の姿を伝えていく、共生社会に向けての大きな力になっている。

支援方針

「主体性」を大切に自立の支援をサポートする。

利用者による「自己決定と受容」「自立的な人間関係の構築」を支援する。

運営方針

「法令遵守の徹底」「健全な財務会計」で未来にへ向けて継続的な支援を実施する。

育成方針

多様性を認め、良い生活習慣の中で自分の役割を務める

それぞれが自分の役割に誠実でありながら、

違いを認め対等な関係の輪を拡げること。

社会方針

「違いを認め生きていくことの価値」を正しく地域社会へ発信していくこと。

焙煎所作業所で働きたいスタッフを募集しています。

募集要項を確認

会社概要

COMPANY PROFILE

名称

所在地   

      

設立

代表者

基金

事業内容

従業員

​事業所番号

一般社団法人 地域スポーツ教育CSR

大阪市住之江区住之江1−4−41 2F

2015.11.2

代表理事 瀬戸彬仁

1000万円

教育支援事業

福祉事業

アパレル販売事業

珈琲豆販売事業

8人

2715901803​

bottom of page